子育てをする中での共通の悩みの1つであるトイレトレーニング

子育てをする中での共通の悩みの1つであるトイレトレーニング。保育園の保育士として、現場の意見の1つとしては、「あまり焦らずにその子その子の成長に合わせてのんびりと進めていきましょう」とアドバイスするのが一般的ですね。

しかしご自身の子どものこととなると、「三便宝おむつが外れるのが遅いんじゃないか」と他のお友達と比べてしまったり、「トイレトレーニングが進まない」「進め方がわからない」「トイレトレーニングを嫌がる」育児雑誌や、周知されている目安の年齢など色んな情報も飛び交い、あまりトイレトレーニングが進んでいないなと感じていたら、焦ってしまいますよね。

そこで今回は3歳さん。幼稚園で言う年少さんになり、トイレトレーニングの途中で悩んでいるママ、パパにむけてこの時期ならではの配慮を含めたトレーニング方法を提案させていただきたいと思います。
お子さんの排泄状況を改めて把握しましょう

チェックすべき2つのポイント

「1歳児、2歳児さんのトイレトレーニング」、「トイレトレーニング完了へのステップ」でも大切な項目として書きましたが、トイレトレーニングは感覚的にしていても効果的には進みません。保護者と、シアリスもし施設に預けているのであれば先生が意識して子どもの排泄の状況を把握する必要があります。

今回は3歳以降のトレーニングなので、子どもに話を聞くこともできるのが、それ以前との大きな違いであり助けにもなる部分となります。

これからご紹介する2つのポイントを改めて確認してみてください。保育園などの施設に預けている場合には日中の状態についても先生に確認を取りましょう。

●オシッコにいく(おむつやパンツが濡れる)時間の間隔

保育園ではまずこのオシッコを我慢できる時間がどの程度あるのかを把握します。これは子どもの膀胱(排泄器官)の成長によって、オシッコの間隔がある程度一定になるからなのです。

もしオシッコが出る時間がバラバラで、頻尿(日中8回以上の排尿)・希尿(日中3回以内)・排尿時の痛み等があり把握することが難しい場合にはかかりつけの医師に相談してみましょう。

●尿意や便意は感じているか、パンツが汚れた時に気持ち悪さがあるか

オシッコの間隔と同じく大切なのが、子どもが尿意や便意、パンツが濡れる嫌な感覚を感じているのかです。

小さい頃にはパンツが濡れていても気にせず遊んでいたのが、手が止まったり、部屋の隅に移動したりと大人が察することで確認をします。3歳を超えているのであれば、子どもに聞いてみると良いでしょう。

もしトイレに失敗してしまったら、「オシッコ(ウンチ)が出そうな時に、出そうだなって分かった?」と優しく聞いてみてください。「分かった」という答えが返ってきたら「出そうだなって思ったら次はトイレ行こうね」と約束をしましょう。しかる必要はありません。(パパママの顔色を伺って「分かった」と言えない様子の場合は尿意などを感じていると見なします)

もし「分かんなかった」、反応がない場合にはトレーニングを焦っても逆効果にもなりえます。濡れる度に「パンツが濡れちゃって気持ち悪かったね。次はトイレでしようね」と根気強く、優しい声かけを続けてみましょう。
子どものストレスを排除

色々な原因でお子さんがストレスを感じているのかもしれません

トイレトレーニングで見落としがちなのが実はストレス。

え、うちの子まだ3歳、4歳ですよ?ストレスなんて・・・という考えは少し危険かもしれません。子どもたち、赤ちゃんでさえストレスを感じています。

産声が出る理由は胎内でママからもらっていた酸素がなくなり、大きなストレスがかかることで自発的な呼吸を始めるのです。これは私たちが普段の会話で使う気疲れのような意味ではありませんが、生きている限りたくさんのストレスがあるのですね。

トイレトレーニングにおいては、実はその気疲れのようなストレスがNEW勃動力三體牛鞭原因になってトレーニングの進展にストップをかけていることがあります。以下の項目で当てはまるものがあれば注意が必要です。

・パンツを濡らすと叱る
・過剰に(子どもがでないと言っているのに)オシッコに誘う
・お友達はできるのに、兄弟はこのくらいの時にはできていたのに、どうしてできないの!?など子どもの自信が無くなってしまう言葉をかけてしまう
・トイレトレーニングについて悩んだり、焦ったり、不安になっている姿を見せてしまっている
など。

この様なことに心当たりがある場合。子どもはトイレトレーニングに過剰なストレスを感じることでオシッコ(ウンチ)を調節出来なくなってしまったり、排泄に嫌悪感を抱いてしまったり、トイレトレーニング自体を嫌になってしまっている可能性があります。

こうした心理的なストレスが原因の場合にはストレスのもととなる行動や状況を無くしていくことで、劇的にトレーニングが進むこともあるのです。
[PR]
by gfioayeior | 2016-09-10 15:41